うつ病の治し方・症状・接し方が分かる!

子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療

子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療についての解説です。

子供は昔から、うつ病にはかかりにくいと言われてきましたが、実はそうではないのです。子供は大人に比べ、表現力がまだ発達していないので、伝える方法が良く分からず、また無邪気な姿を見せるため周囲の大人がなかなか、うつ病の症状や原因に気付いてあげれないのです。

現代社会は「うつ社会」と言われますが、当然子供もその影響を受ける傾向にありますし、うつ病に近い状態の大人たちから虐待や体罰DVを受けることも多くなっています。

以前から問題化していた受験に対する精神疲労に加え、オンラインゲームや携帯電話インターネットの普及の影響も、子供のうつ病の大きな原因です。

昔ならば、親は子供に見せてはいけないテレビや雑誌などはある程度コントロール出来ていましたが、インターネットはその世界に入ってしまえば、様々な刺激が襲ってきます。

残虐な画像・動画、誹謗中傷の言葉、アダルトコンテンツなど、子供の脳には処理しきれない様々な精神疲労となる原因が潜んでいます。

また、少子化傾向も子供のうつ病の原因です。両親は共働き、家に帰っても孤独・・この孤独が、うつ病の大敵なのです。

子供のうつ病の治療としては、大人よりも難しい部分もあります。強い薬も使えませんし、知能も低いので高度な認知療法も難しくなります。

子供のうつ病の治療として一番良いのは、そばに居てあげ孤独にさせないことと、悩み事を聞き出してあげることです。子供はまだ知能が低いので、表現力が乏しく言葉で上手く伝える事が出来ないのです。それと、自分がうつ病であるという自覚も理解も出来ないのです。

学校でのいじめ、家庭での暴力が子供の心には深い傷を与えます。他には、両親の離婚なども子供にとって非常にショッキングな出来事です。


>> うつ病改善プログラムはこちら!

 

 
子供のうつ病は、精神の病気というより身体の病気と考えた方がよい場合もあります。子供はうつ病にになると、まず身体症状に表れ、小児科や内科を受診する事が多くなります。

また、子供のうつ病での行動面での症状は、「学校へ行けない」「人に会いたくない」「家にひきこもる」「一日中寝てばかりいる」「部屋から出ていけない」などの訴えが多く見られます。

子供の行動面だけを見ると、どうしても怠け者になったように見えたり、ワガママになったように見えたりすることがあります。いわゆる「不登校」「怠学」「ひきこもり」と言われている子どもたちの中の少なくとも一部は、うつ病の可能性があります。

その他の症状としては、動作が緩慢、動きが鈍い、動きが少ないなどの行動抑制症状、逆に動きが多い、徘徊、じっとしていられないなどの多動に関連した症状、攻撃的言動、衝動性、自殺企図、自傷行為、行為障害などの問題行動として出現する場合など、とても多様です。

・子供のうつ病の症状の一つは睡眠障害
子供の寝つきが悪くなり、寝ついても2時間くらいすると目が覚めてしまい、その後も眠りが浅くウトウト状態で、朝早く目が覚めてしまいます。ときには、夜間眠れるのに昼もたえず眠く、実際に眠ってしまう場合もあります。

子供は嫌なことがあっても、本当の睡眠障害になることはまれです。不登校となり昼夜逆転の生活になっても、睡眠の質は悪くならない場合がほとんどです。典型的な中途覚醒および早朝覚醒は、うつ以外の疾患では稀なので、このタイプの睡眠障害があればうつ病を疑ってみたほうが良いです。

・子供のうつ病の症状の一つは食欲の低下や過食
子供の食事の量が減り、何か食べたいという気待ちにはなれないのです。空腹感は感じますが、食べたいとは思えないのです。また好きな食べ物もおいしいと感じません。そのために、体重が滅少します。

しかし、頑張って食べているために体量が滅少しない子供もいます。成長期の場合、身長が伸びているのに体重増加がないときは、食欲の低下が激しいです。

また、反対にかえって食欲が増進して過食してしまい、とくに甘い物を食べ過ぎて体重が増加することもあります。

・子供のうつ病の症状の一つは身体のだるさ
何となく身体が重く、だるい、身体に力が入らないような感じがします。すぐに横になってしまったり、一日中布団から出ることができません。そのために小児科、内科を受診して、診察と検査を受けても、どこにも異常がないと言われます。

・子供のうつ病の症状の一つは日内変動
日内変動とは、身体・精神症状全体が、朝目を覚ましたときに最も悪く、午後から少しずつ軽快していき、夕方から夜にかけて段々楽になっていく・・というものです。

極端な場合には、朝はどうしても起きられなくて朝食もとることができず、午前中は床についたままだけれど、昼には何とか起き出して、多少食事をとり、テレビ・ゲームでもしてみる気になります。夕方になると少し元気が出てきて、好きなテレビを見て、ときには笑ったりすることができるようになります。夜が更けるにつれていっそう元気が出ますが、翌朝起きたときには調子が悪く元に戻ってしまうというパターンをとります。

いわゆる不登校の子供の中にも同じようなパターンをとる場合がありますが、日曜日や夏休みなどの学校へ行かなければならないというプレッシャーがない場合にもこのような状態が続くときは、うつ病を疑ってみる必要があります。

その他の身体症状としては、頭が重い、頭痛、腹痛、肩こり、背中が凝る、胸が締めつけられて苦しい、動悸、口が渇く、発汗、寝汗をかきやすい、悪心、嘔吐、胃部不快感、腹部膨満感、めまい、手足の冷え、知覚異常、手足の痛み、全身の痛み、便秘、下痢など、多彩かつ多数です。

うつ病の子供たちは、頭痛がするために夜も眠れず、食欲もないのだと考えて、家族や医師には頭痛のみを訴えるようなことが少なくありません。身体の具合が悪いために元気が出ないものと考えて、精神症状についてはかなり重症にならないと、自ら訴えようとしないのです。


>> うつ病改善プログラムはこちら!

 

 
子供のうつ病で、不幸にも自殺が起こってしまったとき、学校では生徒に呼びかけたり、教育したりします。また昔は、そのことに触れないで済ますことも多かったようです。

ところが、学校などで自殺があると、すぐ「いじめが原因で自殺」と短絡的な結びつけをしやすいマスコミが取り上げるため、学校が外向けのアピールとして、校長・教頭先生の記者会見、学生・保護者などへの説明、再発防止のための心のケアをするというパターンができてきたようです。

反応すること自体は大変良いことなのですが、ところが、この分野では、確立した方法論がまだ普及していないため、学校の責任者も従来の発想からのコメントしかできません。その代表例が「命を大切にしてほしいと訴えた」というものです。

しかし現実は、「命を大切にしよう」は、客観的に的外れの対処なのです。
そして、それだけではすみません。残された人々にとってこの発言は、さらにマイナス効果をもってしまうのです。

家族や仲間が自殺で亡くなったとき周囲の人は大変ショックを受けますが、特に大きなショックを受けるのは、その時たまたま「うつ病状態にある人」です。

その人は今回のことに関わらず、すでに「死にたい」気持ちを持っています。連続する自殺を避けるため、本当はこの人への対処を目的にしてメッセージを出さなければなりません。

ところが「命を大切にしよう」は、自殺を亡くなった人が選択した行為と理解してのことなので、その人の生き方全体を問題にしています。つまり「死にたいと思うこと」を否定しているのです。

すでに「うつ病状態」にある人は、症状として「死にたい」という気持ちを持っています。責任者にそこを指摘される当事者はどう感じるでしょう。自分でも「死にたいと思うこと」をつらく嫌だと思っており、うつ病の特徴として自責の念も強くなっていますから、「やっぱり自分が悪いからこう思ってしまうんだ」「校長の言うことはもっともだ。みんなそう思っている。もし自分か『死にたい』と打ち明けると、みんなは自分のことをいっそう嫌いになる」と考えます。

余計に苦しくなり、余計に誰にも話せなくなってしまうのです。

ですから、このような場合に責任者や家族が言うべきことは、

①亡くなった人のことに対して、自分もとても悲しいと感じていること。それで自分も責任を感じ、心と体をコントロールできないでいること・・

②自殺はほとんどの場合、うつ状態の症状であること。うつ状態は誰でもなる可能性があり、正しく休養・治療すれば治るのだが、今回は当事者の苦しい状態を支援できなかったことを残念に思う・・ということ・・

③どんな思いで亡くなったのかは、今後情報が入り次第、皆さんにも伝えるということ・・

④死にたい気持ちは、自分の心の中にとどめておくと大きくなってしまう。もし同じように苦しんでいる人がいれば、どうか誰でもいいので話をしてほしいということ・・

責任者や家族は、以上のことなどを話してください。


>> うつ病改善プログラムはこちら!