うつ病の治し方・症状・接し方が分かる!

うつ病患者への正しい接し方とは

うつ病状態の「死にたい気持ち」を抱える当事者を支援する上では、「当事者の生き方、対処の方法を変えない」という接し方を覚えてほしいのです。

これは非常に難しい接し方ですが、意識することによって何とか支援者自身の行動をコントロールできると思います。この接し方の原則に従わないと、別人になったうつ病患者の心を開くことがなかなか難しくなります。

この接し方は、たとえばこういうことです。

・手首を切る癖のあるうつ病患者に対して、「手首を切るな」と言わない。
・アルコールを飲んで死にたい気持ちが生じるうつ病患者に対して「アルコールを飲むな」と言わない。
・自殺未遂をしたうつ病患者に対して「二度とそんなことはするな」と言わない。
・虐待をしてしまううつ病患者に対して「虐待をするな」と言わない。
・ギャンブルに手を出し消費者金融から借りてしまううつ病患者に対し「ギャンブルをするな」と言わない。
・休みたくないといううつ病患者に対し「休め」と言わない。
・そして「死にたい」と言ううつ病患者に対して「そんなこと言うな」と言わない。

それらは難しく、何となくおかしいことはわかっています。ところがこれが「うつ病患者への接し方の原則」なのです。

まずわかっていただきたいのは、最後までこの原則通りにするわけではないということです。周囲の人が支援をする当初、当事者と心を結ぶまでの間、この接し方の原則に従っていただきたいのです。

支援の途中でも、うつ病患者の調子が崩れ支援者との交流が難しくなった場合は、この原則に戻っていただきたいと思います。

周囲がうつ病患者の不調に気づくのは、しがみつき行為が表面に現れている場合が多いのです。するとどうしてもそのしがみつき行為に対して、意識が向いてしまいます。

しかし、しがみつき行為はうつ病患者が生きるために必死の思いでやっている行動です。それを最初に否定されると、当事者は簡単に殼に閉じこもってしまいます。


>> うつ病改善プログラムはこちら!