うつ病の治し方・症状・接し方が分かる!

うつ病に効く薬とは

うつ病の時に使う精神科の薬には、「飲むと人格が変わってしまう」「飲むと副作用があり、寝たきりになる」「それなしではいられない」などの漠然とした恐怖を持つ人が多いようです。

当事者だけでなく支後者や家族が強い偏見を持っていることもあります。

まず、うつ病状態で薬物治療を受け、それで人格が変わることはありません。うつ病状態自体が長引いてくると、不本意ながらその状態(うつ状態)特有の感じ方・考え方が、しみついてしまうことがあります。しかしそれは薬のせいではなく、うつ病状態が長くなったせいなのです。

また、抗不安薬が効きすぎたりすると、ボーッとしたり反応が遅くなることはあります。これを周囲の人は「頭が悪くなったのではないか」と心配してしまいます。

これはいわゆる治療薬の副作用と考え、医師に相談してください。患者の日常生活に支障のない範囲(苦しくない範囲)で薬を工夫するのが医師の役割です。

このような副作用については、知らないでいると「うつ病」と捉えてしまい、当事者も自分の健康に自信を失う元になってしまうことがあります。

特に抗うつ薬は、最近は副作用が少なくなってきたとは言うものの、やはり口が渇く、便秘、眠気、立ちくらみ、吐き気、食欲不振、尿が出にくくなるなどの副作用があります。

その一方で、薬自体の効きは服用から一週間経たないと現れないことが多いのです。また、抗うつ薬は、少ない量からはじめだんだん多くなっていく処方をとられることがあります。医師がその人にとっての適量を量るためです。


>> うつ病改善プログラムはこちら!

 

 
うつ病治療に使う抗うつ薬の副作用があったり、効果が遅れ適量に向かって徐々に増やされることなどを、「薬を飲んでいるのに症状がどんどん悪くなっている」「薬が効かないから増やされている。自分は薬が効かないほど悪い」などと否定的に捉えてしまい、かえって苦しむことにもなりかねません。

周囲の人も、「そんな薬、止めたほうがいい」と言ってしまいがちです。

また、抗不安薬や睡眠薬は、寝つきが悪い、眠りが浅く途中で目がさめる、朝早く目がさめて不安になるなど、不眠のパターンによって薬が違いますし、個人によって効きめが異なります。

何かの反応が遅くなる以外にも、強すぎるとフラフラしたり、だるさが強くて苦しかったり、筋肉痛になるなどの副作用が現れます。

どのような薬でも、事前にどんな副作用が予想されるのかを知っておきましよう。ただし、薬の注意事項には、すべての副作用が列記されているので、うつ病の患者さんはそれを読むと逆に不安になります。それより医師に直接聞いてみることをおすすめめします。代表的な副作用だけを教えてくれるでしょう。

また、抗うつ薬を使い始めてその副作用がつらいのなら、すぐに医師に連絡しましょう。ある程度我慢すべきものなのか、それとも処方を変えたほうがいいのかは、当事者や支後者が判断すべきものではなく、医師が判断すべきものです。

つい、「これぐらいは我慢しなければ...」と思いがちですが、うつ病は「我慢ができない状態」ということを思い出してください。

医師にそんなことを言うと、嫌われると心配する人もいますが、薬に関することは、医師も情報を求めています。自分だけの判断や、自分勝手な知識で薬をコントロールすることがあってはなりません。

その意味で、支援者にお願いしておきたいことがあります。うつ病状態では、記憶力が低下しているので、薬を飲んだか飲まなかったかを忘れてしまうことがあります。統合失調症や躁うつ状態にある人は、いわゆる病識(自分はおかしいという感覚)がない場合が多く、薬を飲む必要を感じていないので、つい飲むことを忘れがちになります。

また、中には睡眠薬などをため込んで、死にたくなったときに使おうなどと考える当事者もいるものです。通常処方される薬では、ため飲みしても死にはしませんが、大量服薬は大変苦しい副作用を受けることになり、結果的にうつ病の回復効果を妨げてしまいます。

ですので、支援者や家族は、当事者が決められたとおりに薬を飲んでいるのかを確認し、医師とよく連携してください。


>> うつ病改善プログラムはこちら!

 

 
うつ病に効く薬に「依存してしまう」という不安もあるでしょう。しかし、抗うつ薬には依存性はないと言われています。抗不安薬や睡眠薬には確かに依存性はありますが、アルコールと同じぐらいだそうです。

アルコールは、毎日どれだけ飲もうが制限がありません。それに比べて抗不安薬などは、医師がコントロールし、毎日の量も決められています。使用期間が長引くときは、種類を変えたり中断したりして、依存症になるのを防止するのです。

うつ病の当事者は、何とか薬に頼りたくないという強い思いをもっていますが、支援者は、「先生の言うとおりしっかり飲むことが、うつ病回復の近道」ということを言い続けてください。

しかし、うつ病に効く薬を飲みたがらない人が多いのも事実です。そのときにはだましてでも飲ませるという手もあるでしょうが、一回ならともかく長く支援する支後者や家族にはそれも無理でしょう。

うつ病に効く薬を飲まない当事者の場合、支援者は、それでもいいと割り切るしかないでしょう。はたから見たらいばらの道でも、本人はそれしかできないのです。

強要するより「わかってあげる」態度のほうが重要になります。どちらも苦しい選択ですが、より危険性の少ないほうを選ぶしかありません。抗うつ薬や抗不安薬が開発されていない時代には、人は薬なしでこの苦しさを乗り切るしかなかったのです。そう思って割り切りましょう。

もちろんその間も、うつ病に効く薬や治療に対する偏見を少しずつ解いていく努力は必要です。うつ病の波の調子のいいときを見計らって話をしてみてください。

一方、医師や看護師は、薬が身近にあり抵抗も少ないようです。その結果、うつ病の本質が疲労にあり休息をしなければならないのに、薬だけに頼ってしまう傾向があります。

疲れ果てている人に、栄養ドリンクを飲ませてそのときは元気が出たとしても、すぐにエネルギー切れするのは目に見えています。

医師や看護師の中には、薬で症状を抑えている間に、蓄積疲労をどんどんため、感情や行動をコントロールできず、周囲との関係をどんどん崩していってしまう人がいます。

そして最後には仕事を辞めてようやく休息できるという厳しい経過をたどるのです。うつ病に効く薬は、過信しすぎず賢く使いましょう。


>> うつ病改善プログラムはこちら!