うつ病の治し方・症状・接し方が分かる!

うつ病の治療法と対処法について

うつ病の治療法と治るのに必要な回復期間についての解説です。

うつ病に対して、どのような治療をすればいいのでしょうか。これは簡単です。精神疲労・肉体疲労ですので休めばいいのです。

うつ病の回復の大原則は「休むこと」なのです。ただし2・3日休めば治るというものではありません。2・3日で治療回復すると思っているならそれは大間違いです。

うつ病を前提とした回復の一つの尺度が、宗教に見られます。それは、喪に伏すという概念です。これは身内を亡くした人が、悲しい体験に引き続き、うつ状態になったことを前提としています。

喪は一年続きますが、一年の間は非常に疲れやすく感情が高ぶりやすいので、「新しいこと、大きな行事、複雑な仕事をすると失敗するぞ」という戒めがあるのです。これは先人の知恵なのです。

つまり私たち人間は、通常それぐらいの期間治療時間をかけてはじめて回復する動物なのです。

もちろん1年間仕事を体めと言っているわけではありません。喪に七日、四十九日などの区切りがあるように、うつ病状態からの治療回復期間も、1ヵ月ほどの安静の後、徐々に仕事に復帰していくことによって可能になるのです。

しかし本当にエネルギーが治療回復し、うつ病状態になる前の当事者に戻れるのは一年ほど期間は後ということになるのです。

ところが、休むといってもこれが現実問題としてなかなか難しいのです。一つにはうつ状態そのものの症状として、当事者自身が「休みたくない・休めない」と感じてしまうことがあります。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法
うつ病の問題は不安と不眠です。いくら仕事を休み、布団の中に入って何もしていないように見えても、心の中でさまざまな不安が渦巻いていたり、夜眠れなかったりすれば、疲労が回復するどころか引き続きエネルギーを消耗し続けているのです。

外的に休息の状態を作っても、うつ病状態である限り不安のプログラムが作動しており、不安のシミュレーションと不眠は続いてしまいます。

そこで、しっかりした休みを取るために治療薬を使うのです。不安の悪循環を止める治療薬は精神安定剤です。眠りをよくする治療薬は睡眠薬です。

いずれの治療薬もそれほど強い副作用はなく、すぐに効く薬です。これらの治療薬は、かかりつけの医者でも出してくれることもありますが、当事者の状態に最も適合する薬を出してくれるのはやはり精神科の医師です。

これらの治療薬は、個人によって合う、合わないがあります。うつ病状態は命にかかわる危険のある症状ですから、精神科医に薬をもらいに行くことを勧めます。

うつ病には、このほかにも気分を上げていく抗うつ薬を使うこともあります。この治療薬には若干の副作用があるので、やはり精神科医にかかるのが一番です。

ここで覚えておいていただきたいことが一つあります。確かにこれらの治療薬を上手に使うことによって、休息をしやすい状態を作ることはできます。ところが薬だけ飲んで日常生活に何ら変化がない場合、結果的に疲労を回復することはできないことが多いのです。

純粋なうつ病(疲労の蓄積がない)の場合を除いて、ほとんどのケースでは疲労が蓄積しています。治療薬だけでは、疲労は根本的には回復しないのです。

うつ病の治療薬は「休息をより効果的にするもの」だと理解してください。特に医療従事者(医師や看護師)などは、なかなか仕事を休もうとはしない上に、薬が簡単に手に入る立場にあるので、薬だけで対処してしまおうと思いがちです。

すると薬はこの場合、表面飾りを手助けし、仕事へのしがみつきを増長させてしまい、結果的に当事者のうつ病を悪化させる原因になってしまいます。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法
うつ病の治療が難しい理由の一つに、心から休める環境作りが難しいということがあります。

たとえば、家庭の主婦がうつ病状態になり、家で1カ月ほど休んで治療することにしました。ところが、家庭の主婦の場合は、家で休むためにはかなりのハードルを越えなければいけないのです。

「じゃあ、私は休むからね。お父さん、明日から1カ月間ご飯を作ってね」とお願いすると「おお、わかった。大丈夫だよ。おまえはしっかり休んでくれ」と答えてくれた優しい夫でも、二日後には、「ええっと、給食費はどうするんだっけ?・」「おい、味噌はどこにある?」と険しい表情になり、「お前はずっと家にいるんだから、やれることぐらいやってくれよ」とせっつくことになりがちです。

あるいは、数日するとお風呂場には洗濯物がたまり、部屋も散らかってくるし、台所はもう爆発状態になってきます。

女性はそれを見てイライラしてきてしまいます。夫にいちいち指示するより自分が動いたほうが早いし、気も遣わない。すると、形は休んでいるようでも、結局は心も休も休めないのです。

そのようなケースでは、入院を勧めます。それは決してその方のうつ病の症状が重いからではありません。休める環境として、入院がうつ病の治療に適しているからなのです。家庭で休めない人が入院をするのです。

家庭で休む場合は、同居する家族がうつ病状態の人のことをしっかり理解して、治療を支えてあげることが必要になります。

そのような家族がいない、いてもその余裕がない、あるいは家にいるとさらに余計なストレスがかかるなどのときは、入院を一つの道具として柔軟に利用していきましょう。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法
うつ病状態で受診すると、病院の先生やカウンセラーはこれまでの症状や日ごろの生活等について、詳しく話を聞いてくれます。そして薬による治療が始まります。

もちろん、生活や仕事を調整して休養を取ることを勧められるでしょう。もし、自宅で休養が取れない場合や、死にたい気持ちが強いのに家族の誰も対処できない場合などは、入院治療を勧められます。

病院の精神科では、基本的に本人が了解しない限り、強制的に入院させられることはありません。うつ病の場合は入院しても、特別な治療が待っているわけではありません。

うつ病の原因は、疲労蓄積しているのが普通ですから、薬で眠れるようになると、ずっと寝ているのが一般的です。1・2週間そんな生活をしていると、だんだん治療回復してきて歩けるようになります。

本を読んだり、TVを見たり、自分のペースで少しずつ活動できるようになります。そうすると、カウンセリングを受けたり、簡単な体操や散歩を始めるのです。

うつ病の治療は、他の病気をした人がリハビリする過程とほとんど変わらないのです。病院の精神科に入院するとなると、何か恐ろしい治療を受けるものと勘違いされていますが、そんなことはありません。

面会も、本人の負担にならない範囲で自由ですが、人と会うこと(特に特定の人が苦手な場合もあります)が負担になる時期には、医師の判断で、面会が制限されることはあります。これは精神科に特別なことではなく、身体の病気やけがでも、面会謝絶があるのと同じことです。

携帯電話のメールが気になる・・という人もいると思いますが、原則として病室では携帯電話は禁止です。ロビーや庭などで時間を決めて通信できるところは多いようです。

ほとんどの病院では、この薬物療法と環境調整、入院でうつ病治療に対処してくれますが、病院や担当の医師や心理療法士によっては、カウンセリングの中でも認知療法という方法や、体を刺激するTFT(思考場療法)、電気けいれん療法などを使うこともあります。

電気けいれん療法は、電気ショックを使うため怖いというイメージを持ちがちですが、長引く方や、薬があまり効かない方でも効果が見られることもありますので、医師が勧める場合には、よく説明を聞いてみてください。

TFTも即効感があり、この療法が合う人には効果的でしょう。しかし、うつ病状態の根本は疲労であることを忘れないでください。一発ですべてが解決(リセット)し、完全に以前の元気な自分に戻れるという療法はないのです。

ただこのような治療法で、うつ病の悪循環が好循環に変わるきっかけが得られるかもしれません。医師と相談して、自分と合うかどうかよく検討して、恐れず試してみてください。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法
精神科に受診したくない、薬を使いたくないという強い気持ちを持っている、うつ病患者さん(あるいは支援者・家族)が、この質問をしてきます。

あるいは「先生のカウンセリングを受けたあとはとても元気になるので、このままカウンセリングだけで治せないか」という場合もあります。

このような場合、もう一度「うつ状態の本質は疲労である」ということを説明します。

カウンセリングは、一時の元気を与えてあげることはできるでしょう。うつ病患者さんの苦しさをわかってあげることで、死にたい気持ちを鎮める効果はあります。

しかし、それは一時的な対処にしか過ぎません。本当に治したかったら、しっかり休養を取るしかないのです。そのための近道は、薬を使ったり、病院を利用したりすることです。そのためには精神科を受診するのが最も確実です。

うつ病をなめてはなりません。死にたくなる病気なのですから・・

うつ病自殺を確実に回復するためには、その病気を最もよく勉強している医師、つまり精神科医にかかるべきなのです。

カウンセリングは、薬と休息、環境調整ができているという前提なら、効果を発揮するでしょう。特にリハビリ期には、自分の回復を自覚するために、話をする作業が重要になります。

ところが、このような前提(薬、休養、環境調整)なしに、カウンセリングだけで対処しようというのは、小手先で苦しさをごまかすことになり結果的に根本的対処を遅らせます。

うつ病状態は、休養の開始が遅れれば遅れるほど、回復までの時間がかかります。うつ病患者さんは、カウンセリングだけを希望するかもしれませんが、それで根本的な休養に入るチャンスを遅らせてはいけません。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法
うつ病治療の不眠症の原因と治し方の解説です。

うつ病の治療の障害で大変なのが不眠症です。睡眠は、意思の力で何とかなるという性格のものではありません。意思の力で、お腹が減ったりお腹いっぱいになることがないのと基本的には同じです。

しかも、眠らなければならないと考えれば考えるほど、眠れないものです。不眠は、うつ病状態になるとほとんどの人が苦しみます。眠れない原因は不安のプログラムの機能の一部です。

体が万全でないときは外敵に襲われる可能性が高まるため、最も危ない夜に眠らないようにする機能です。

眠りなさいとしつこく言われたり、眠らなければと自分自身で切羽詰まると、その分不安が大きくなり余計に眠れなくなります。

どうして私たちはこんなに眠れないことがつらいのでしょう。眠れないことにこだわってしまうのでしょう。

これもうつ病状態の一つの側面と大きく関係しています。

うつ病の原因は疲労でありエネルギーの欠乏状態です。確かに危険から身を守らなければならないのですが、疲労を回復するには睡眠が絶対に必要です。しかも生きていくエネルギーが底をつきかけています。早く何とかしないといけない・・

つまり眠らないようにしているくせに、眠れないと疲労が解消しない(たまる)ので眠らなければと思う。しかもエネルギーが底をついているので、その状態を長く続けると死んでしまう...。

うつ病患者さんが不眠で悩むとき、それは、不眠の継続=死という図式に怯えているのです。

うつ病患者さんは、「夜は眠らなければ」「考えても仕方がない」と、眠れないことを理性的に「意味がない」とも感じています。

夜に外敵など襲ってこない現代では、眠れなくなる原因はないのです。それを理性でわかっていればいるほど、「自分がコントロールできていない」という無力感にも通じますし、意味のないことに残り少ないエネルギーを使っていることへの焦りや、自分に対する怒りに結びついています。

うつ病の不眠症はこのように、「命がかかっているので眠ってはいけないが、眠らないと死んでしまう」という自分の中の矛盾が原因です。

元気な人の「眠れない」とはちょっと違う、もっとずっと切羽詰まった、命が脅かされる深刻な悩みなのです。

うつ病の不眠症は理性(意思)では収まりません。意思で何とかしよう(「眠ろう」と努力する)とすればするほど、自信を失い消耗を早めます。

そこで、うつ病の不眠症については薬を賢く使うのが最も効果的な治し方だと考えます。

痛み止めという薬があります。痛みには、筋肉が痛む、するとその痛みに刺激され体が緊張し痛みにも敏感になる、すると余計に痛みを感じるという悪循環が働くことがあります。そんなときに痛みはじめに痛み止めを飲むと、悪循環を断ち切ることができるのです。

うつ病の不眠症に対する薬は、これと同じように、悪循環を断つ効果があるのです。

眠れない→眠ろうと緊張する→眠れない→自信の低下・イライラ→眠れないことへのこだわり→いっそう眠れない・・という悪循環を断ち切る治し方です。

不眠は、うつ病と自覚していない人でも現代人の多くが悩んでいるテーマです。うつ病で精神科を受診できない人でも、「とりあえず不眠を診てもらおう」と説得すると、受け入れてくれる場合が多いです。


>> うつ病改善プログラムはこちら!
うつ病を治す方法